気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.6.28

カラダによくてカンタン!

“玄米ごはんパック”
ワンプレートレシピ5

サムゲタン

※パッケージに一部変更がございます。

recommend point

Kuribayashi
  • 「玄米ごはんパック」ビューティーならもち黒米や黒大豆入りなので、ポリフェノールもたっぷり。
  • 手羽元と「玄米ごはんパック」で本格派サムゲタンがカンタンに作れます。
  • 薬味たっぷりでカラダをぽかぽかに温めてくれます。

food

コラーゲンたっぷりで、ぷるんとみずみずしい肌に!

サムゲタン

※パッケージに一部変更がございます。

【調理時間の目安】

20分

【カロリー/1人分】

723カロリー

【材料/1人分】

「玄米ごはんパック」ビューティー:1パック
鶏手羽元:6本
しいたけ:2枚
長ネギ:1/2本
生姜:ひとかけ
にんにく:ひとかけ
豆苗:1/4袋
鶏ガラスープの素:小さじ2
酒:大さじ2
水:450cc
塩:※塩気が足りない場合は加える

作り方

  • 豆苗は2cm幅、ネギは3cm幅、生姜は細切り、しいたけはそぎ切りにする。にんにくは包丁でつぶす。

  • ”カット完了!”

  • 鍋に鶏手羽元、ネギ、生姜、しいたけ、つぶしにんにくを入れ、水と酒、鶏ガラスープ(顆粒)を加える。鍋を火にかけてフタをし、沸騰してきたら弱火にして20分加熱する。途中でアクを取る。

  • 「玄米ごはんパック」を電子レンジで1分温めて鍋に加え、鍋の中全体が温まったら火を止める。皿に盛りつけ、豆苗をのせる。

point

「玄米ごはんパック」ビューティーのもちもちした食感を生かすために、鶏手羽元のダシが出てから「玄米ごはんパック」を加えるのがコツ!豆苗の代わりに、冷蔵庫にあるレタスや水菜、チンゲン菜でもOK!

料理 岡本ゆか子

フードスタイリスト・料理家。アフターヌーンティー・ティールームに勤務後、海外の食文化を学びにアメリカ・サンフランシスコへ。キッチンツール会社にて店舗ディレクション・スタイリング・企画を担当。フードコーディネーターアシスタントを経て独立。