気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.3.10

インド・スパイス料理で健康美人スイッチをON!

Vol.2 クミンで消化吸収を促進!
「玄米とごぼうのポタージュ」

recommend point

Oshita
  • 漢方で“胃薬”と呼ばれるクミンを使用。
  • ブラックペッパーには栄養吸収を高める効果も。
  • 玄米を撹拌し、ポタージュにすることで消化もバッチリ!

Food

素材の旨味たっぷり!
玄米とごぼうのポタージュ

【調理時間の目安】
45分

【カロリー/1人分】
156キロカロリー
【材料/4人分】
「玄米ごはんパック」ヘルシー 1個
ごぼう 2/3本(120g)
玉ねぎ 1/2個(100g)
ギー 大さじ2 ※
クミンパウダー 小さじ1
ブラックペッパー 小さじ1/4
水 700ml
岩塩 少々
飾り用香菜(パクチー) 少々

※ギー…動物性の純粋な油で、バターから水分とタンパク質を除去したもの。スーパーで購入できますが、ない場合は無塩バターで代用を。

作り方

  • ごぼうは斜めに薄く切り、玉ねぎは縦半分に切ってから横目に薄くスライスする。(ごぼうにアク抜きの必要はありません)

  • 中火にかけた鍋にギーを温め、ごぼうと玉ねぎを炒める。

  • 柔らかくなってきたらクミンパウダー、ブラックペッパーを入れて、甘みが出てくるまで弱火で約20分しっかり炒める。

  • 「玄米ごはんパック」ヘルシーを表示の通りに温めておく。

  • 3に温めた玄米と水350mlを加え、ブレンダーなどで撹拌し、なめらかにペースト状にする。(ブレンダーはミキサーやフードプロセッサーで代用可)

  • 残りの水を全て足し、鍋に移し温めて、岩塩で味を調整する。

  • 皿に盛り付けて香菜を飾ったら完成。

point

胃の疲れた人に特にオススメ。野菜の旨味をじっくり引き出した、口当たりまろやかでお腹に優しいメニューです。

監修・香取薫先生

インド・スパイス料理研究家。1985年、ボランティアで訪れたインドでスパイス料理に魅せられ、本格的に研究を始める。インドのさまざまな地方を訪れ、主婦たちから本場の家庭料理を習う。1992年に「キッチンスタジオ ペイズリー」をスタートさせ、数多くのカレー店主、料理インストラクターを輩出。料理研究家などを通じてスパイスの普及とインド文化の紹介にとり組んでいる。日本アーユルヴェーダ学生評議会、日本香辛料研究会会員。