気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.3.10

インド・スパイス料理で健康美人スイッチをON!

Vol.4 最低限のスパイスでお手軽本格派カレー
「ナスとチキンのキーマカレー」

recommend point

Oshita
  • 腸内細菌の働きを整えるターメリック、体を温めてくれるレッドペッパー、豊かな芳香が特徴のミックススパイス・ガラムマサラを使用。
  • 鶏肉を使ったキーマは短時間で火が通るので、気軽に作れるのが魅力。
  • 玉ねぎをしっかり炒めたら、スパイスと煮込むだけで自然と美味しいカレーに!

Food

ごろごろ野菜の本格カレー
ナスとチキンのキーマカレー

【調理時間の目安】
50分

【カロリー/1人分】
384キロカロリー

【材料/4人分】
鶏ももひき肉 250g
ナス 4本
玉ねぎ 1個(200g)
トマト 2個(400g)
にんにく 3かけ(30g)
サラダ油 50ml
クミンシード 小さじ1
A ターメリック 小さじ1
A レッドペッパー 小さじ1/2
A ガラムマサラ 小さじ2
塩 小さじ1と1/2
ブラックペッパーホール 小さじ2
揚げ油 適量

作り方

  • 大きめの乱切りにしたナスを素揚げしておく。

  • 玉ねぎとにんにくはみじん切り、トマトは6等分のクシ型切りにする。Aのスパイスは混ぜておく。

  • ブラックペッパーホールは、まな板の上で麺棒やワインの瓶の底などで粗く砕いておく。

  • 鍋にサラダ油を入れて中火で温め、クミンシードを数粒落とす。シューッと泡が出てきたら適温になった合図なので、残りのクミンシードも全て入れる。

  • 良い香りが出て、色が付いたら玉ねぎとにんにくを炒める。中火で約20分かけて玉ねぎがあめ色になるまで炒め、調合したスパイスと塩を混ぜてよくなじませる。

  • 鶏ももひき肉を入れて、ほぐしながら混ぜ火を通す。

  • トマトを加え蓋をして弱火で5分蒸し煮にして、揚げたナスとブラックペッパーを混ぜる。

  • お皿に盛り付けて完成。

point

ナスを揚げるのが面倒な時は、多めの油で揚げ焼きしてもOK!
ブラックペッパーホールを粗めに砕くことで、ガリッと歯ごたえのあるピリリと大人っぽい味わいに。

監修・香取薫先生

インド・スパイス料理研究家。1985年、ボランティアで訪れたインドでスパイス料理に魅せられ、本格的に研究を始める。インドのさまざまな地方を訪れ、主婦たちから本場の家庭料理を習う。1992年に「キッチンスタジオ ペイズリー」をスタートさせ、数多くのカレー店主、料理インストラクターを輩出。料理研究家などを通じてスパイスの普及とインド文化の紹介にとり組んでいる。日本アーユルヴェーダ学生評議会、日本香辛料研究会会員。