気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.5.20

腸を整えるスムージーで免疫力アップ!

Vol.3 冷えを改善したい人に
りんご+にんじん+生姜のホットスムージー

recommend point

oshita
  • ホットドリンクで物理的にも腸を温める
  • 実は、にんじんは冷えに効く温性食材!
  • 生姜のピリッとした辛味に血行促進の作用が

Food

にんじんのカロテンはウイルス感染予防
生姜は体を温める

「東洋医学では、体を温める食べ物を“陽の食べ物”、体を冷やす食べ物を“陰の食べ物”と区別していて、にんじんは陽の食べ物に分類されます。にんじんの鮮やかなオレンジ色の色素をカロテンといい、皮膚や粘膜を丈夫にして風邪やウイルス感染を予防します。今、特に積極的に摂りたい野菜ですね。冷え対策に欠かせない生姜は、加熱により冷え予防に働くショウガオールという成分が増えます。2つの食材と相性が良く、美腸食材の代表でもあるりんごと合わせたホットスムージーで、体をホッと温めましょう」(牧野さん)

【調理時間の目安】
5分

【カロリー/1人分】
86kcal

【材料/1人分】
りんご 1/2個
にんじん 1/3本
生姜 小1かけ
ぬるめのお湯 1/4~1/2カップ
はちみつ 好みの量
  • りんごは皮付きのまま、芯をとって一口大に切る。にんじんは7㎜の厚さの半月切りにする。

  • ミキサーにりんご、にんじん、生姜、ぬるめのお湯を入れて、ふたをして撹拌する。味見をして甘味が足りなければはちみつを加える。

  • 温かさが足りない場合は、鍋に移して火にかけて温めるか、器に移してレンジで50~60度に加熱する。

point

りんごは皮の部分に整腸作用のあるペクチンが多く含まれるので、皮ごと食べるのがベター。にんじんは色の濃い方がカロテンの含有量が高いので、選ぶときの目安にしましょう。

監修・牧野直子先生

管理栄養士、料理研究家、ダイエットコーディネーター。「スタジオ食」代表。女子栄養大学卒業。大学在学中より栄養指導や教育に携わる。おいしく体にやさしく元気になるレシピや、健康的なダイエット方法などを提案し、テレビ、ラジオ、雑誌、書籍や料理教室、セミナーなどで幅広く活躍中。