気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.5.23

「こがおっぱい®」でやってはいけないNG生活習慣!

recommend point

kawaguchi
  • うっかりやってない?美乳づくりを阻害するNG習慣をチェック!
  • 美しいおっぱいのために大切な「ブラの選び方」って?
  • おっぱいを大きくするエクササイズ、実は違う場所が鍛えられてしまう?

health

「こがおっぱい®」でやってはいけないNG生活習慣!

夜更かしをして睡眠不足は百害あって一利なし!

ホルモンバランスも崩れやすくなり、おっぱいには良いことなし。体は眠っている間に作られるので、おっぱいに必要な筋肉に睡眠はマスト。理想は7時間半睡眠。

スマートフォンの使い過ぎで猫背や悪姿勢に……

スマホを使う時は猫背になりやすく「こがおっぱい筋」もこわばってしまい、おっぱいが垂れる元に。スマホを使う時はなるべく視線を上げ、首を曲げない努力が必要。

サイズが合わないブラや極度にデザイン重視のブラ

おっぱいの大半は脂肪なのでブラジャーによって形や大きさが左右されます。押さえつけるようなブラ、ストラップが細くておっぱいを支えきれないようなブラはNG。

夏場はほとんどカップつきキャミやベアトップを愛用

締めつけがなく楽、と使っている人も多数。ですが、おっぱいが揺れやすく、かつ締めつけてしまうのでボリュームや形が悪化。おっぱいを支えられるブラを選んで。

甘いものの食べ過ぎやシャワーのみで体を冷やす

美しいおっぱいに体の冷えは厳禁。体を冷やす性質のある白い砂糖を使ったスイーツは控えめに。シャワーだけの入浴も体が温まらないので、湯船につかる習慣を。

”おっぱいが大きくなる”というこのエクササイズは勘違い!

このストレッチ、大胸筋を鍛えるというよりも肩や腕が太くなりがちなので、おすすめしません。大切なのは凝り固まった筋肉をほぐし、ほんの少し鍛えること。

監修・美乳研究家・MACOさん

BからFカップに育乳成功した自身の体験から、小顔美乳メソッド「こがおっぱい®」を考案。小顔&美乳サロン「MALOOVE」を主宰。

イラスト/大庫真理