気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.4.22

コスパのいい美容医療3

医療レーザー脱毛 VIO編

recommend point

Kanemitsu
  • VIO脱毛でデリケートゾーンをいつでも清潔に
  • 将来を見据えて「介護脱毛」としても◎
  • デザインも選べる!

life style

医療レーザー脱毛オススメのパーツ その2

V I O

将来を見据えたV I O脱毛で
清潔感あるデリケートゾーンに!

将来自分がおばあちゃんになった時のことを考えて「トイレの世話をするのもされるのもクリーンに」ということで近年、介護脱毛とも呼ばれるVIO脱毛は新常識に。
介護だけでなく、生理中や出産などもデリケートゾーンを清潔にしておくためにも脱毛はぜひしておきたいところ。レーザーは色素に反応するので、白髪になったら施術できません!だから30代のうちからケアをしておくのがいいようです。

V ゾーン(ビキニライン)

好みのデザインで脱毛可能!

股の割れ目が見えないように、イラストのように三角や、オーバル型に毛を残すデザインが主流ですが、最近は全て除去する人も増えてきているそう。清潔さという意味では全てないのが一番です。

I ゾーン(ビキニ奥)

不要な毛なので全脱毛がおすすめ

Iラインは残しても意味がないので、除去しましょう。脱毛後、年齢を重ねると外陰部のたるみが気になることも。その際はヒアルロン酸注入という施術も視野に入れて。

O ゾーン(肛門)

衛生的にも全除去がベスト

排泄物の出口である肛門付近の毛は全て脱毛を。Oだけにかかわらず、デリケートゾーンはその名の通り繊細で傷つきやすい部位だから脱毛は体調の良い日に行いましょう。

監修・佐藤 美先生

美容医療の分野において医師に必要な経験、技術、センス全てに長けているスペシャリスト。ホスピタリティ溢れる診察は、クリニック初心者にも評判。

イラスト/太田悠輝子
撮影/ikuko