気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.5.20

FILE_009

ドラッグデリバリーシステム(DDS)Part2

捜査テーマ

化粧品が肌に“効く”とは?肌に“効かせる”仕組みに迫る!

いくら素晴らしい成分でも、必要な場所に届かなければ意味がない。必要とする部分に、必要な量を的確に届けてはじめて化粧品が“効く”と言える。「届ける=効く」を確実にしたのが医療用に開発されたドラッグデリバリーシステム(DDS)。このDDSが化粧品にどう応用されているか捜査する。

life style

小西捜査員の美科学捜査:2

化粧品のDDSの代表、ナノカプセルとは?

  • DDSが成分を肌に届ける仕組みについて、もう少し具体的に説明してください。

  • そうですね、一番良い例は、当社の製品にも採用しているナノカプセルですね。これは、当社独自のもので膜が幾重にも層になっており、その中に大きさや効果の異なるコラーゲンを閉じ込めています。膜は肌への親和性が高いリン脂質で作られていて、一層一層が剥がれ落ちながら、素早く肌深くに、段階的に、有効成分を届ける仕組みになっています。

最外層、多重層、最内層と幾重ものリン脂質膜が重なっている。

  • 上の図のような構造ですね。

  • はい。このナノカプセルは、初めに、一番外側の層にある高分子コラーゲンとヒアルロン酸が肌表面ではじけます。

  • まず表皮にヴェールを作って、うるおいを閉じ込める訳ですね。

  • ご明察!次に、約10層の層が細胞の隙間を通過しながら1層ずつ剥がれていきます。ここで、セラミドやアミノ酸が放出され浸透していきます。

  • なるほど! 一段奥に入ったところで、セラミドとアミノ酸が浸透すれば、保湿に効果的ですね。

  • ええ。最後にはそれより更に肌深くに浸透した最も内側の層の中の極小カプセルが弾け、中のコラーゲンやヒアルロン酸が一気に拡散。高保湿効果が期待できます。

  • このナノカプセル・DDSの働きがあれば、有効成分が本当に届いて欲しい肌の奥まで行き渡るって訳ですね。

  • 医療発想の最先端技術の優秀さがわかりますよね。

  • 本当に。より高い効果を得るなら、やはり、DDSの化粧品を選びたいですよね。選ぶポイントはあるのでしょうか?

  • DDSの代表格であるナノカプセルは、レシチンで作られていることが多いため、全成分表示中に、レシチンの記載があるものを選ぶのがいいかもしれません。

  • 成分チェックと共に、届ける技術DDSの有無も要チェックですね。

judge

鑑定結果

DDSが使われている化粧品は
肌の奥に成分が届き高い効果が期待できる

鑑定を終えて…

"効き"の要はDDS。最新技術を駆使したDDS化粧品は、当然相応に高価だが、それだけの価値あり。

  • 究極のDDS“ナノマシン”で検査・診断・治療が可能に

    薬剤などを搭載した超微細なカプセル(高分子ミセル)が体内を駆け巡り、がんやアルツハイマー等の重大な疾患を、早期発見し、治療までしてくれるという革新的な仕組み=体内病院(ナノマシン)が実現間近だという。究極のDDSに期待が膨らむ。

美捜研捜査員・小西さやか

国立大学工学部化学修士の視点からコスメを評価するコスメコンシェルジュ。 各種協会の顧問、学会幹事も歴任。 著書に「レディのルール」(宝島社)など、これまでに9冊、累計30万部を突破。

美科学のプロ・林田元治
(ドクターシーラボ研究開発部部長)

大学時代は有機化学専攻。研究開発・品質管理など35年のキャリアを持つ。皮膚の仕組みや効果的な成分を語らせたら右に出る者はなし

イラスト/STOMACHACHE.