気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.7.22

板谷由夏さんへの6つの質問(後編)

板谷さんの飾らない魅力が垣間見える一問一答。おしゃれのこと、気持ちの立て直し方、家庭のこと、たくさんの経験から導き出された明確な答えに共感する人も多いはず。

recommend point

Kanemitsu
  • 仕事・家庭・妻・母。すべてに共通して大切にしているのは「愛をもつこと」
  • 落ち込んだ時は「とことんまで落ち込んでみる」ことが切り替えのコツ

life style

Q4 板谷さんにとって、おしゃれと美容とは?

おしゃれは「人」、美容は「探究心」。

おしゃれにはその人の生き方や考え方が出ると思うので、服装もメイクもあるがまま、シンプルが好きです。大切なのは流行やスタイルよりも“中身”ですから、洋服なら素材、美容なら髪や肌の質を良くすることに気持ちを置いています。年齢のせいで美を諦めるなんて寂しいので、美容への探求心をなくさない気持ちも大事! コスメの新色や新しいスキンケアも楽しみながらチェックしています。

Q5 落ちこんだ時、どうやって自分を立て直しますか?

とことんまで落ちこんでみる。

落ちこむのには必ず理由があるはずなので、なんで気分が落ちているのか紐解いていきます。すると「私って逃げようとしてたのかも」とか、自分のダメな部分がドドッと出てくるので「まだまだ人間が小さいな……」と逃げずに認めて、とことんその思いと向き合うんです。落ちこむだけ落ちこみつくせば「結局、理由は私にあるんだから、這い上がるしかない!」と気持ちが切り替わりますね。

Q6 仕事と家庭の両立で大切なことは?

愛を持つこと。

私はあんまり「仕事」「家庭」「妻」「母」とか役割を分けることはせず、どれも自分の延長だと考えるタイプ。なのであまり異なることを両立する、という意識は持っていないかもしれません。その代わり、全てに対して愛を持てるか、心を持てるかが大事。疲れていると「そんなことより寝たい……」という気分になってしまう場合もあるので、寝不足に気をつけて心身のうるおいを保つようにしています。

板谷由夏さん

いたやゆか/1975年生まれ、福岡県出身。女優業に加え、自身のファッションブランド『SINME』を展開するなど多彩な活躍を見せる。プライベートでは2児の母。

撮影/岡田 潤(BE NATURAL) ヘア&メイク/林カツヨシ スタイリング/古田ひろひこ(chelseafilms)