気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.12.27

FILE_003

ビタミンC [前編] Part3

捜査テーマ

ビタミンCは美肌のための最強のビタミンなのか?

誰もが知っている“ビタミンC”は、私たちにとって身近な存在。美白※1に効く有効成分として認められていたりとか、風邪の時に摂るとか、すっかりイメージが定着しているが、ビタミンCの効果効能はそれだけではないようだ。今、改めて“ビタミンC”が注目され、「最強のビタミン」と言われる理由を捜査する!

life style

小西捜査員の美科学捜査:2

塗るのと飲むので働き方に違いはあるのか?

  • ビタミンCの摂取が、いかに重要なのかは分かりましたが、「塗る」と「飲む」とでは働き方に違いはあるのでしょうか?

  • まず「飲む」場合は、先ほど述べたように抗酸化作用で活性酸素を除去し、体の老化を防いでくれます。でも飲んだビタミンCは体内で利用されて、あまり皮膚には届かないと言われています。だから肌に届けるためには「塗る」ことが必要です。

  • ところがそのまま塗っても入っていかない訳ですよね?

  • ご名答! ビタミンCそのものが酸化しやすく壊れやすいという難点もあります。そこで、開発されたのがビタミンC誘導体です。また「飲む」場合は、一度に過剰に摂取するとすぐに汗や尿と共に流れてしまうという欠点がありました。それはリポソーム化することで、吸収率を高め、血中ビタミン濃度を保ちやすくする技術も開発されています。

  • うーむ、その辺りの話は次回の捜査で詳しく追及しましょう!

飲んで活性酸素による細胞の酸化を予防し、塗ってシミ・そばかすを防ぎハリ・弾力のある美肌に導く

judge

鑑定結果

内側と外側の両方から効かせることが重要!

鑑定を終えて…

ビタミンCは万能成分と判明。でも美容や健康のためには、圧倒的に摂取量が少ない事実も。より積極的な摂取をしなくては!

  • ビタミンCの効果的な摂り方は?

    水溶性のビタミンCは、一度に大量に摂ると流れやすく、また、日中にすぐに消費されてしまうため、朝・昼・夜など数回に分けて摂る方が良い。加えて、脂溶性のビタミンEと一緒に摂れば、同じ抗酸化力のあるビタミン同士でさらなる相乗効果が期待できる。

美捜研捜査員・小西さやか

国立大学工学部化学修士。化粧品研究&開発の経験を活かしコスメを科学的に評価する専門家コスメコンシェルジュ。 また各方面の理事、顧問など要職もこなす。著書に「美容成分キャラ図鑑」(西東社)など、これまでに13冊、累計36万部を突破。

美科学のプロ・林田元治
(ドクターシーラボ研究開発部部長)

大学時代は有機化学専攻。研究開発・品質管理など35年のキャリアを持つ。皮膚の仕組みや効果的な成分を語らせたら右に出る者はなし

※1 メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐこと

イラスト/STOMACHACHE.

シーラボ美研2018年9月号(8月23日発行)掲載記事