気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.12.27

FILE_004

ビタミンC [後編] Part2

捜査テーマ

ビタミンCを最大に生かす最新技術を追う!

前編で、ビタミンCがマルチに効く成分と判明したが、同時に消費されやすく、体内で作れないため、積極的な摂取が欠かせないことも判った。では、どんなビタミンCを、どのように摂れば確実なのか?最新の技術を捜査する!

life style

小西捜査員の美科学捜査:2

化粧品VSサプリメント、それぞれの効果的な効かせ方に迫る!

  • ビタミンCを化粧品とサプリメントから摂る場合、どう効かせていますか?

  • サプリメントで摂る場合、大量に摂っても吸収できる量は限られる上、ビタミンCは水溶性なのですぐに汗や尿と一緒に体から排出されてしまいます。でも、ビタミンCを細胞膜と同じ構造の人工カプセル(ナノカプセル)に入れる(リポソーム化)ことで、吸収率が1.5倍になり、血中濃度も高まるというデータもあります。また、時間経過後も持続性が高く血中濃度が低下しにくいと最近の研究で判明してます。

  • なるほど、高吸収型な上に持続性もあるなんて……。まさに、パーフェクト!

  • そうなんです、完璧です!塗る化粧品は、先ほどの通り、「高浸透型ビタミンC(APPS)」を使うと、水溶性の特長の即効効果と、油溶性が持つ肌のすみずみまで効かせる浸透効果など両効果が期待できます。

  • 飲むサプリメントは、吸収率と持続性で、細胞の酸化を抑え内からのケアにおすすめ。塗る化粧品は、肌に素早くすみずみまで効かせる、正にパーフェクト!

Lanelle L Davis et al. Nutr Metlab Insights 2016;9:25-30.Fig.2より改稿
【ビタミンCの吸収率】経口摂取の場合、リポソーム化したビタミンCは通常のビタミンCに比べ1.5倍程度、血中濃度が高いデータも。

judge

鑑定結果

塗る化粧品、飲むサプリで効かせ方が違うから、
美肌のためには、塗る+飲む!

美捜研捜査員・小西さやか

国立大学工学部化学修士。化粧品研究&開発の経験を活かしコスメを科学的に評価する専門家コスメコンシェルジュ。 また各方面の理事、顧問など要職もこなす。著書に「美容成分キャラ図鑑」(西東社)など、これまでに13冊、累計36万部を突破。

美科学のプロ・林田元治
(ドクターシーラボ研究開発部部長)

大学時代は有機化学専攻。研究開発・品質管理など35年のキャリアを持つ。皮膚の仕組みや効果的な成分を語らせたら右に出る者はなし

取材・文/玉井由希子 イラスト/STOMACHACHE.

シーラボ美研2018年10月号(9月20日発行)掲載記事