気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.2.20

悩みの種から花が咲く

美の上相談室

life style

お悩み

タトゥー除去を考えています。入れる前の状態に戻せますか?
(41歳 栃木県在住)

若い頃、タトゥーを入れるのがカッコイイみたいな文化があって後先考えずに入れてしまったんです。でも40代になり世間体というか、いろいろ気になることが出てきてタトゥー除去を考えています。先生、傷跡を残さずにきれいに消すことはできるのでしょうか?

タトゥーの深さ、場所、色によって適する除去法は異なります

皮膚は角質を含む上層の表皮と、下層の真皮の二枚構造。このうちより肌の深い部分である真皮にインクや墨汁の色素が入ったものがタトゥーです。真皮には表皮にある代謝サイクルがないので、一度真皮に入った色素は薄くなることはなく半永久的に消えることはありません。では、どのようにタトゥーを除去するのかというと、深さ、色、入れた場所により3つの方法から適した方法を選択します。タトゥー部分の皮膚を取り除き周囲の皮膚を縫い合わせる切除法とタトゥー部分の表面の皮膚を剥がし自分の皮膚や医療用フィルムを貼る皮膚移植。いずれも局部麻酔で行う外科手術で少なからず縫い跡などの傷跡が残ります。従来はこれらの外科手術が一般的でしたが、最近は傷跡が残りにくいタトゥーの色素を分解するレーザー治療があります。レーザーは黒、茶、青などの濃い色に反応するので黄、緑、淡い色のタトゥーはレーザーで除去することはできません。まずはご自身のタトゥーはどの除去法が適しているのかを、信頼できる医師に診てもらうことが先決です。いずれにしても、アフターケアまできちんと指導してくれるクリニックを選びましょう。

城野親德先生

シロノクリニック総院長。最先端の美容皮膚科治療に携わる他、ドクターシーラボ全ての商品の生みの親でもある美肌のエキスパート。

※シーラボ美研2018年11月号(10月18日発行)掲載記事