気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.4.3

今やるか、やらないかで5年後の自分が変わる!

30歳からの医療で“予防美容”宣言 vol.2
初めての美容医療Q&A 美容医療基本の「き」

始めるのが早いほどアンチエイジング効果も費用対効果も高い美容医療。けれど初心者さんにはクリニックの選び方や痛み、費用など疑問がいっぱいですよね。第2回目は美容医療の基本を徹底解剖します。

recommend point

kanemitsu
  • 情報がありすぎてクリニック選びに悩む人へ
  • 美容医療の基本的疑問10個に答えます!

life style

初めての美容医療Q&A

美容クリニックや施術に関する基本的な疑問や不安にお答えします。美容医療の第一歩を踏み出す参考に!

Q エイジングサインって?

A こんなことが気になり始めたらサインかも

□ 肌にハリがなく、たるんでる気がする
□ シミが目立つようになった
□ スキンケアしてもくすみが取れない
□ 「疲れてる?」とよく聞かれる
□ 毛穴が目立つ
□ フェイスラインがぼやけてきた

Q エステ、美容クリニック、皮膚科の違いは?

A 目的や役割が違います

【皮膚科】
例えばアトピーやニキビなどを保険診療内で「治療」することが目的。
【美容クリニック】
主に美容皮膚科、美容外科、美容内科のこと。治療した上で、より良い状態にすることが目的。美容医療はほとんどが自費診療だが医師の免許がないとできない治療や医療機器の使用が可能。
【エステ】
マッサージでコリをほぐしたり、美容皮膚科よりマイルドなマシン施術などが受けられる。リラックス効果も。

Q 美容クリニックとエステで同じ施術があるのは何で?

A 同じ施術でも内容が異なります

脱毛やピーリングは美容皮膚科にもエステにもありますが、エステではマシンの出力や薬剤の濃度が限られます。より高い効果を望むなら美容皮膚科が◎。

Q ケアを始めるのは何歳くらいの人が多いの?

A メインは40代ですが、30代もたくさんいます

近頃は20代後半から通い始める人も増えています。この後にもお答えしますが、美容医療は始めるのが早いほど費用対効果が高いのでエイジングに気づいた時が通い時です。

Q クリニックの選び方のポイントは?

A コミュニケーションがしっかり取れるかどうか

いくら技術があっても、費用が安くても自分の要望が伝わらなければ望まない結果になってしまうことも。怖がらず、遠慮せず、自分の意思を伝えられるクリニックやドクター選びが重要。クリニックの公式ホームページやSNSで得意分野や症例などを事前リサーチしても。

Q お金がかかるイメージ(怖)。美容医療初心者はいくらから始められる?

A 2〜3万円くらいを目安に

クリニックにもよりますし、悩みにもよりますが、ピーリングなどはだいたい2〜3万円からスタートできます。いきなり10万! という人はほとんどいません。

Q 相談だけでもアリ?

A もちろんアリです!

カウンセリングだけでも全く問題ありません。不安なことは全部クリアにして、納得してから施術するようにしましょう。

Q 施術は誰がやるの?

A 医師や看護師が行います

クリニックにもよりますが、シロノクリニックではレーザー系は肌状態に臨機応変に対応するため医師が施術し、ピーリングなどは医師の指導のもと看護師が行います。また、施術前には必ず医師の診察があります。

Q 痛くないの…?

A 痛みを伴うこともあります

個人差はありますが、大なり小なり痛みを伴う施術がほとんどです。ピリピリする程度のものから麻酔が必要なものまで。だからこそ医師がきちんと診察しますし、不安な時は遠慮なく相談してください。

Q 美容医療をしたらスキンケアも変えるべき?

A 悩みに合った成分入りの美容液をプラスしてみては

美容医療を受ける前でも後でも、皮膚を保護する保湿が大事なのは同じ。加えて自分の悩みに合った成分入りのスキンケアを取り入れるのは有用。例えば、毛穴にはビタミンC、シミには美白成分、シワにはビタミンAを。30歳前後ならいつものスキンケアに美容液をプラスするだけでも十分だと思います。

イラスト/太田悠輝子

監修・笠井美貴子先生

シロノクリニック銀座院の副院長。誠実で分かりやすいカウンセリングと豊富な経験に基づく確かな治療で、厚い信頼を得るドクター。気さくな性格で話しやすいので美容医療初心者さんも安心。