気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.3.25

素肌美人は好感度美人!

“好かれ肌”を作る
5つのルール
Rule5.BASE MAKE

recommend point

Tokizawa
  • ファンデーション、厚塗りは老け見えのモト!
  • コンシーラーは口元にも塗るべし。
  • 実はルースパウダーが重要だった!顔色を整える効果も。

makeup

厚塗り注意!素肌美を目指すべし

好かれ肌を作るためには、素肌っぽく仕上げるのがコツ。全体を厚塗りするのではなく、気になる部分をポイントカバーする程度で十分。

下地の作り方

ベースメイクを崩れにくいものにするためにも、下地づくりは重要なステップ。下地の時点で毛穴や色ムラをケア※1し、肌を美しく補正しましょう。また年間を通して下地の前に日焼け止めを塗り、肌を守ることも忘れずに。

  • 下地を指に取り、頬骨の高い位置から外側に向かって伸ばします。

  • 残った下地を手の平で伸ばし、目の周りなど全体にオン。

UV&WHITE
モイスチャー
ゲル50

軽いつけ心地でスルスル伸びるゲルタイプの日焼け止め。ベタつかずしっとりうるおう肌へ。

CC
パーフェクト
クリームベース

毛穴も色ムラもカバーし、透明感あふれるツヤ肌※1に導くCCクリーム。

コンシーラーの仕込み方

気になるシミや色ムラ、クマなどはファンデーションだけで隠そうとせず、コンシーラーで上手にカバー※1を。また唇の周りのくすみにもコンシーラーを活用することで、魅力的な口元を演出※1することができます。

  • 目元は、目頭と目尻にコンシーラーをオンし、薄く伸ばします。

  • 口角にコンシーラーをのせ、なじませる。口元が一気に明るく※1!

パーフェクト
コンシーラー

気になる部分にピタッと密着して、しっかりカバー※1。厚塗り感ゼロの自然な仕上がり。

ファンデーションの塗り方

ファンデーションはパーツごとに塗る量を調整。頬付近の三角ゾーンを塗ってから、小鼻周りや口元、あごを軽くカバー。輪郭を塗らず抜け感を出すことで若々しく。スポンジをリズミカルに動かし、肌にしっかりフィットさせて。

  • 頬骨を中心にファンデーションをフィットさせながらなじませる。

  • 口元や小鼻などの小さいパーツはスポンジのヘリを使ってオン。

BBエマルジョン
ファンデーション

BBクリームのカバー力※1 、密着力はそのままに、美容成分86%配合でツヤ・ハリの美肌を演出しワンランク上の肌へ。

ルースパウダーののせ方

フェイスパウダーは、メイク崩れを防いで美しい仕上がりをキープする、顔色を整えるなどの役割があり、実はメイクの仕上がりを左右する重要なアイテム。毛穴カバー※1にも効果的です。好かれ肌を目指すためのマストステップ!

  • パフにパウダーをとり、手の甲で1度はたいて余計な粉を払う。

  • 鼻の周りからポンポンとやさしくオン。目の下も忘れずに。

パーフェクト
ルースパウダー

ふんわりとヴェールをまとったように、自然な仕上がりのパウダー。メイク崩れを防ぎ、くすみや毛穴を感じさせない艶肌※1に。

※1 メイクアップ効果