気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.6.24

コントゥアリングで丸顔対策!!
小顔を叶える5つのテクニック

recommend point

Sawamura
  • シェーディングで小顔を作る「コントゥアリング」が分かる
  • 幼顔の丸顔さんを大人っぽく見せるプロのメイクテクを公開
  • 筆の動きがよくわかるメイク動画を公開

makeup

幼く見られがちな丸顔さんは顔まわりに影を作って大人っぽいメリハリ小顔に

Before
After

丸顔さんは目や鼻など、顔のパーツが埋もれがちでのっぺりしやすいのが特徴。おまけに幼い印象=可愛らしいイメージが強く、クールな雰囲気やモードっぽいメイクは似合わないと思い込んでいる人も多いのでは?
ヘアメイクの斎藤さん曰く、「コントゥアリングつまりシェーディングやハイライトを効果的に仕込み、メイクバランスを整えれば丸顔さんが抱えるコンプレックスも解消可能です!」とのこと。以下で解説するポイントに注意しながらぜひ実践してみてください。

あえてベースメイクは変えず
5つのポイントメイクで大人っぽ小顔になる!

丸い輪郭を縦に伸ばすためにシェーディングは縦に入れる!

肌より2トーン暗めのシェーディングを筆に取り、生え際に沿って八の字に筆を滑らせ影を作る。こめかみから顔のサイドは縦に一直線に。最後にフェイスラインを軽くなでる。

チークは斜めに入れてシャープさを演出

チークは高めに入れると若々しい印象になりますが、丸顔さんの場合は高すぎると子供っぽさを助長するのでこめかみと頬骨を結ぶラインを斜めに筆を滑らせチークをON。

鼻の根元に影を作って目鼻を立体的に!

チップタイプのアイブロウなどで鼻の根元と目頭を結ぶ三角ゾーンに影を作る。チップでポンポンとのせてからスポンジや指でぼかして自然な立体感に。

眉頭強めの短め眉で凛々しく大人っぽく

眉毛はあまり長くしすぎずキリッとした印象を目指して。ペンシルタイプのアイブロウで眉頭を下から上に書き足すように描くことで力強い眉にし大人っぽさを強調します。眉は顔のフレーム代わりでもあるので、眉がキリッと強めだと視覚的にも小顔っぷりが増します。

柔らかピンクの唇で“可愛い”分量をバランス調整

大人っぽさを強調したいので地味になりすぎず華やかさもあるほんのりピンク味を感じるソフトローズのリップをON。直にさっと塗って唇に可愛らしさと華やかさを添えてバランスを整えて。

仕上がりの画像

顔まわりと鼻の根元のシェーディング、斜めチークでほっそりした顔立ちに。強め眉とピンクベージュの口元で幼い印象から大人の女性へと雰囲気をアップグレード。輪郭を変えるコントゥアリングテクと、チークと眉の描き方を変えるだけで丸顔さんを卒業&グッと今っぽく垢抜けられますよ!

監修・斎藤誠さん

ヘアメイク事務所Lilaの代表。ファッション誌、美容雑誌をはじめタレントや女優のヘアメイクを手がける。