気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.6.24

コントゥアリングで面長対策!!
小顔を叶える6つのテクニック

recommend point

Sawamura
  • シェーディングで作る小顔テク「コントゥアリング」が分かる!
  • 面長さんをキュッと小顔へ導くプロのメイクテクを公開
  • 筆の動き、粉の乗せ方までよくわかるメイク動画を公開

makeup

間延びしがちな面長さんは上下のシェーディングと頬高チークで小顔へ

Before
After

のっぺりとした印象で顔にメリハリがつきにくいと悩みがちの面長さん。ヘアメイクの斎藤さん曰く、「面長さんは顔の上下にシェーディングを入れることで顔の長さをカットできます。メイクをするときに念頭において欲しいのは、人の視線を顔の中心に集めることです。上下に入れるシェーディングはもっとも効果的なメイク術の一つなのでぜひ習得してくださいね!」。以下で解説するポイントに注意しながらぜひ実践してみてください。

ベースメイクはいつも通りでOK
6つのポイントメイクで優しげ小顔になる!

額の生え際に眉尻幅でシェーディングを入れる

肌より2トーン暗めのシェーディングを筆に取り、額に影をつくる。小顔に見せたいので、左右は眉尻幅にしましょう。

あご下にシェーディングで影をつくり顔の長さをカット

同様にシェーディングを筆に取り、あご下にちょんちょんとのせる。その際、筆は下から上に動かして。あまり幅広く入れてしまうと意味がないので、あくまで“あご先にちょんちょん”を意識して。

チークはふんわり丸く入れて視線を顔の中心に集める

笑って頬が盛り上がった部分を中心にチークをふわっと楕円を描くように入れる。筆をねかせ小刻みに動かしながら塗ると失敗知らず。

顔の中心に凹凸をつけて視線を内側へと集める

チップにシェーディングをとり(チップタイプのアイブロウでも可)、鼻の根元と目頭を結ぶ三角ゾーンに影を作る。チップでポンポンとのせてからスポンジや指でぼかして自然な立体感に。

眉尻にボリュームをもたせて顔の輪郭を引き締める!

視線を内側に集め、小顔へと導きたいので眉尻に少しだけボリュームをもたせて。顔の輪郭を引き締めつつ小顔見えを叶えます。

唇はツヤと質感で今っぽい抜け感を

面長さんの場合、リップに色を足しすぎると視線が唇に集中してしまい、顔の長さを助長してしまうので、ほんのりピンクに色づくグロスや透明リップなどでツヤとぷるんとした質感を演出するに止めるのが正解。

仕上がりの画像

上下のシェーディングで顔の長さをまやかし、ふんわりチークで視線を顔の中央に集めキュッとした小顔に大変身。コーラルピンクのチークを選び、口元は質感重視のぷるんリップにしたことで今っぽい抜け感とナチュラルさを併せ持った顔に。

監修・斎藤誠さん

ヘアメイク事務所Lilaの代表。ファッション誌、美容雑誌をはじめタレントや女優のヘアメイクを手がける。