気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.3.19

アイライナー・アイシャドウ・マスカラで徹底検証!

どの目元が好き?こなれデカ目選手権【二重編】

目元メイクの三種の神器であるアイライナー、アイシャドウ、マスカラ。昔はこの3アイテムを総動員するメイクが主流でしたが、今それをするとトゥーマッチに。それぞれのアイテムを主役にしたさりげないデカ目演出がトレンドです。そこで、アイライナー、アイシャドウ、マスカラで作り上げる最旬デカ目テクをご紹介します。

recommend point

Sawamura
  • アイシャドウ・アイライン・マスカラでつくるデカ目メイクのコツを伝授
  • 二重がより映えるアイメイク法が分かる!
  • 人気ヘア&メイク野口由佳さん流最旬デカ目メイクを公開
OK
NG

上記写真を見ても一目瞭然ですが、NGのメイクは、アイライナー、アイシャドウ、マスカラをこれでもかと塗って目元を強調しすぎですよね。メイクのトレンドは年々ナチュラルにシフトしているので、デカ目の定義も昔と今では異なります。今、なりたいデカ目は断然“ナチュラルなのに印象的”な瞳。そんな目元に近づくためには、アイラインの場合は目の輪郭、アイシャドウはまぶた、マスカラはまつ毛と、アイテムを絞って1つのパーツを強調するのがコツ。二重さんの場合はもともと目が大きい方が多いので、好みにもよりますが、アイラインで輪郭を際立たせるデカ目メイクが一番ナチュラルかもしれません。ドラマティックなデカ目の場合はアイシャドウ、華やかなデカ目はマスカラメイクというように、なりたいイメージ別にメイクを分けるのも素敵です。

makeup

引きの写真で見比べ!あなたはどのデカ目が気分?

EYELINE
EYESHADOW
MASCARA

①「アイライン」でつくるデカ目メイクテク

リキッドアイライナーでまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにラインを引く。目尻5mm手前あたりから筆先を上げて(およそ30度くらい)描く。ラインを引く際伏目の状態で描くと上手に描けますよ。

1

アイラインでつくるデカ目にプラスワン!

ラインでしっかり目の形を強調したので、抜け感を出してこなれ感を加えたいため、ピンク系のアイシャドウをアイホールと下まぶたに塗る。白のパール感のあるアイシャドウを指でまぶたの中央にひとすじ入れる。立体感も出て明るい目元に。

②「アイシャドウ」でつくるデカ目テク

肌馴染みのいいゴールドのアイシャドウを眉下からアイホール全体に塗る。二重幅よりほんのり広めにダークブラウンのアイシャドウを重ねる。両色とも気持ち目頭側を濃く塗るよう意識して。目鼻立ちがはっきりして彫りの深さを演出できます。

1

アイシャドウでつくるデカ目にプラスワン!

アイラインを引かない代わりにマスカラでラインの役割も果たしてもらいます。ボリュームマスカラを上下まつ毛の根元にだけON。毛先に塗らないことでナチュラル感をキープ。

③「マスカラ」でつくるデカ目テク

ボリュームカールマスカラを根元から丁寧にスライドさせながら毛先までしっかり塗る。2、3度繰り返し重ね塗りをしてボリュームを出しましょう。ひじきまつ毛にならないようにするには、一気に塗ろうとせずにこまかくブラシを動かして丁寧に塗りましょう。

1

マスカラでつくるデカ目にプラスワン!

マスカラで華やかな演出をした目周りに全く色がないとバランスが悪いので、肌馴染みのいいピンクやベージュなどのきらめきアイシャドウをCゾーンにほんのり載せてみて。色をつけるというより、目元に光を当ててあげるイメージです。やりすぎ感のない華やかデカ目が叶います。

USE ITEM

監修・ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん

ファッション、美容雑誌を始め、撮影現場でヘアメイクを担当。肌のコンプレックスをカバーするベース作りに定評があり、多くのモデル、タレントから信頼を得る。http://www.roi-hair.com/make/noguchi/