気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.5.29

パーソナルカラー+ボディタイプ診断で理想の自分に近づこう!

「自分プロデュース」のトリセツ

おうち時間が増えた今、ビューティの観点で言うと自分プロデュースを見直すチャンス!自分プロデュースをするにあたってパッと思い浮かぶのがパーソナルカラーだと思うのですが、果たして自分の見え方を考えるのに「似合う色」だけでいいの?と警鐘を鳴らすのはイメージコンサルタントの伊藤美帆さん。似合う色だけではなく、骨格や体型などトータルで考え、プロデュースするべきなんだとか。その考え方を教わりました。

recommend point

Sawamura
  • 自分プロデュース成功の秘訣はトータル診断!
  • 実はみんな思い込んでる!?日本人の7割は「ブルベ」です!
  • 顔型は6つ、体型は5つに分類できる!あなたはどのタイプ?

makeup

似合うメイク、似合うファッション…
理想の自分に近づくためには多角的な診断で自分を知ることが大切です。

数年前からパーソナルカラーが一般の女性たちにも浸透し始め、ブルーベースなのか?イエローベースなのか?という診断が雑誌などでも多くとり上げられました。もちろん、似合う色味を知ることでより魅力をアップさせることはできますが、最近はパーソナルカラーに縛られすぎていたり、間違った診断で迷走している女性をよく見ます。さらに言うと、人の印象は顔、だけではなく、足元まで含んでの印象で決まります。似合う色を知るだけでなく、顔の形、体型も知った上で、それぞれのベストな組み合わせがあるので、トータルでプロデュースすべきなのです。そうすることで、メイクは完璧なのに、ファッションとちぐはぐだな〜なんてこともなくなりますよ。是非一度ご自身をトータルで分析してみては如何でしょう?

鏡を見ながらセルフチェック!顔型は6つに分けられます

Round(丸型)
いわゆる丸顔さんですが、幼い印象に見られることが多いのではないでしょうか?シャープさを出したい、全体のバランスを整えたいならば、ヘアはトップにボリュームを持ってくるのが◎。イヤリングやピアスは垂れるタイプで縦のラインを強調させましょう。

Heart(ハート型)
ハート型さんは、顎がキュッと尖っていて頬骨がしっかりあるのが特徴です。バランスが良い形なので、ヘアスタイルも概ねマッチします。顎周りがシャープで余白ができてしまうので、耳元にはサークルピアスなど、垂れつつ横幅のあるものを選んで余白とのバランスをとりましょう。

Oval(オーバル型)
面長タイプのオーバルさんは、目から下の印象が間延びして見えてしまうので、ワンレンヘアの場合は、パーマやコテで巻いて口元ラインに横のボリュームを出したり、前髪を作って顔の縦の面積を縮めるなどがいいでしょう。長さを強調したくないので、耳元には丸やプチっと一粒タイプのジュエリーをつけましょう。

Rectangle(レスタングル型)
長方形タイプの方は、顎がしっかりとあるので、ヘアはトップにボリュームを持ってきて、エラのあたりはすっきりさせるか、ゆるウェーブをかけて動きを出して軽やかさを演出するのが◎です。プチっと一粒タイプか、垂れるタイプのピアスでも動きのあるデザインだとシャープさの中に柔らかさも添えられるのでGOODです。

Square(スクエア型)
一般的にエラ張りタイプと言われるこの顔型には、フェイスラインにほんのりかかるぐらいのセミロングヘアがベストマッチ。その際、ストレートヘアより、軽くウェーブがかっていた方が動きがあって女性らしさが出せますよ。耳元には楕円形などのデコラティブなジュエリーがオススメです。

Triangle(トライアングル型)
通称おにぎり型さんは、エラ張りを気にしている方も多いかもしれません。隠そうとして重いストレートヘアにする人が多いのですが、トップにボリュームをもたせたり、パーマなどで髪に動きをつけるのがおすすめです。耳元には丸ではなく、星や三日月など、デザイン性のあるシャープなタイプがベストマッチです。

実は知らない人が多い!?体型は5つに分類されるんです

砂時計タイプ
肩幅、腰幅がほぼ同じでウエストがくびれてまるで砂時計のような体型。バランスが良く、あらゆるファッションが似合いますが、このタイプの方はウエストをきちんと強調するのが◎。女性らしさを演出できます。

三角タイプ
腰幅に幅があり肩に向かうにつれ徐々に幅が狭まる二等辺三角形タイプさん。肩幅が狭く悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そんな三角タイプさんはオフショルダーや襟ぐりの空いたトップスにタイトスカートやパンツを合わせ上半身にボリュームをもたせるのがGOOD。

長方形タイプ
腰幅、ウエスト、肩幅すべてが同じくらいの幅でメリハリがあまりない俗に言う幼児体型さんは、トップスと、ボトムスの配色をきちんと分けて、メリハリをつけてあげるのが◎。

逆三角形タイプ
腰幅より肩幅がある逆三角形タイプ。肩幅に悩まれている方も多いと思います。そんな逆三角形タイプさんは、Vネックのトップスやシャツのボタンを開けてデコルテに抜けを作るとバランス良く決まります。もしくは、Aラインに広がるワンピースなどがオススメです。

丸型タイプ
ウエストやお腹周りがくびれておらず、なんとなく丸みを帯びている丸型さんはボディラインを拾わないストンとしたIラインのアウターや、シャツワンピで丸さをそぎ落としてシャープに見せるのが◎です。

勘違いしている人も多い!?日本人の7割はブルベなんです!

日本人は黄色人種であることから、イエローベースなんだ!と思い込んでいる人が本当に多いんですが、実際の分布を見てみると、6割がブルーベース夏、1.5割がイエローベース春と秋、1割がブルーベース冬なんです。そう、7割はブルーベースなんです。パーソナルカラーをきちんと診断するとなると診断環境などが繊細に影響してくるので、セルフ診断ではなく、有資格者であるプロに見てもらうのがいいでしょう。

パーソナルカラーについてはこちら

監修・国際イメージコンサルタント 伊藤美帆さん

イメージコンサルティングの本場であるニューヨーク発の診断法を学び、モデルやタレントの印象アップに貢献。現在はOPUS Tokyoを主宰し、パーソナルカラー、ボディタイプ診断、イメージコンサルティングと3つの診断を通しパーソナルスタイリングサービスを提供している。
https://mihoito.com/