気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.7.3

カッコよさ&セクシーさを兼ね備えた切れ長さん必見!

画面越しで可愛く盛れる囲みピンクアイメイク

クールビューティな切れ長さんは「目尻が細くて切れ込んだ目」が特徴。そんな切れ長さんがオンライン通話にのぞむなら、いつもより可愛らしさを意識したピンク囲みアイメイクがおすすめです。

recommend point

masuno
  • まぶたはフェイスカラーでほんのり色を足す程度
  • 涙袋をアイシャドウで強調して可愛さアップ
  • 目尻はブラウンアイシャドウでしめる

makeup

オンライン映えを狙った切れ長さんのアイメイクはニュアンスピンクで囲むと◎

「目幅が広くてつり目気味の切れ長さんは、ビデオ越しだときつく見えてしまう場合もあります。そこでソフトで可愛らしい印象に見せるために、ピンクを目元に取り入れていきましょう!」とヘアメイクMAKIさんは提案します。早速そのメイクテクをチェックしいきましょう。

1.「チーク&フェイスカラーパレット」を目まわり全体に仕込んでいきます

マルチカラーパレットの濃いピンクをブラシに取り、アイホールと下まぶたをくるっと囲むように色をのせていきます。そうすることで肌のくすみも和らぎ均一的に明るく見せることができます。

2.パール感が可愛い「エンリッチリフト アイシャドウ」で涙袋に立体感を出す

下まぶた中央の下まつ毛と涙袋の間を埋めるように、パール入りのピンクアイシャドウをチップでのせていきます。涙袋にハリやふっくら感がプラスされ優しい雰囲気になります。

3.ブラウンアイシャドウをアイライン代わりに使って目ヂカラのある目元に仕上げる

パレットに入ったしめ色ブラウンをチップにとって、目の形に沿ってできるだけ細く入れていきます。目尻のラインを少し下げて入れることで柔らかさも出るのでおすすめです。

4.サラッと一重塗りで雰囲気の出る「ボリュームカールマスカラ」をオン

カールを作るようにまつ毛の根元から丁寧にマスカラをつけていきます。つけすぎてしまうと、せっかくピンクで囲んだ目元に影ができてしまい抜け感がなくなるので要注意。

目の縦幅が強調されソフトで可愛い目元が完成!

「切れ長さんの知的な目元には、トレンドのピンクを取り入れても、甘々にならず大人っぽく仕上がるから試してみて下さい」。男性陣も加わったプライベートなZOOM飲みなどにぴったりなアイメイク是非マスターしたいですね!

※ メイク効果

監修・MAKIさん

まき/雑誌から広告まで幅広く活躍中のヘア&メイクアップアーティスト。透明感のある肌作りとその人の魅力を引き出すメイクに定評あり。

撮影/塩谷哲平(t.cube)  モデル/林みなほ