気づいた人からきれいになれる。

NEW2019.4.24

美容賢者の

全方位美白※1ケア24時間!! 朝編

 

recommend point

Taniguchi
  • 美容ジャーナリスト鵜飼香子さんの肌のディフェンス力を高める朝ルーティン
  • 紫外線を取り込まないための保湿スキンケア
  • 確実にブロック力を高めるUVケア法

夏本番を目の前に、美のプロはどんな対策をしている?そこで、美容ジャーナリスト鵜飼香子さんの朝・昼・夜の守り&攻めケアにクローズアップ。

美白※1ケアはゲームだと考える鵜飼さん。朝はたっぷりのうるおいで、肌に紫外線“ディフェンス”力を。さらにクリーム&スプレーの日焼け止めW使いで“徹底ガード”して。

skincare

朝編

炭酸水で体内の巡りを改善

  • 寝ている間に肌を修復したり、汗をかいたりするので、寝起きはフルマラソン後のように水分不足。まずは白湯を1杯飲んだ後、冷やした炭酸水で腸内を活性化。肌のうるおいと飲む水分量は比例すると考えているので、たっぷり水分を摂りましょう。

とにかく泡立て命!
もっちり泡で鼻から洗顔

  • 寝ているときの皮脂が残ったままだと、皮脂が酸化してしまうし、メイク崩れもしやすくなるので、朝は泡洗顔が絶対! 一番皮脂腺の多い鼻に泡をたっぷり乗せ、顔全体はサラッとのせるぐらいで流して。クッション性を高めるため、水をたくさん含ませてモコモコに。

化粧水の風送りパッティングで
ひんやり沈静化

  • 肌がうるおっていないと、紫外線を取り込みやすいので、肌がひんやりするまで化粧水補給。ひんやり感は、保湿満タンの合図。夏はどうしてもほてりやすいし、水分蒸発もしやすいので、しっかり水分が入ったのを確認するのがコツ。パタパタ小刻みにパッティング。

保湿アイテムは摩擦レスな手のひら押し塗りで

  • 肌を逆なでして摩擦刺激してしまうと、肌がほてってしまい、崩れの原因に。保湿アイテムは手のひらの面を使って、しっかり入れ込む押し塗りを。テカリやすいTゾーンは、薬用アクネレスゲルEXを部分的 に仕込んで。崩れてしまう原因を避けるように!

迷いなし!
日焼け止めは一気に面塗り

  • 日焼け止めはムラづけ厳禁! 手のひら全体に伸ばしたら、面を使って一気に広げます。細かな部分は指先に残ったものをトントンとなじませて。さらに耳裏、デコルテなどもたっぷり塗ります。朝の太陽は横から差し込むので、直射日光を受けやすい頰は重ね塗りを。

日焼け止めのシャワーで
全身均一スプレー

  • 手をまっすぐに伸ばして、髪やデコルテもボディも全身スプレー。なるべく距離が遠いほど、均一にきれいにつきます。頭皮も一枚皮で顔とつながっているので、UVケアは絶対。髪があるだけで太陽には無防備状態なので、UVプロテクトスプレーを必ず使って。

※1 美白とは、メラニンの生成を抑えてシミ、ソバカスを防ぐこと

※2 角層まで

Pickup Items for Morning

朝のケアにおすすめ

監修・鵜飼香子さん

美容誌のエディターを経て、美容ジャーナリストに。女性誌などでの執筆活動に加え、化粧品ブランドのアドバイザーも務める。