気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.3.25

プロ直伝!つるピカ陶器肌を手に入れる「3つの掟」

【掟1】 自分の毛穴タイプを知るべし

シーズ・ラボ恵比寿本店で、日々多くのお客様のお肌悩みと向き合い続けてきたセラピスト、高村麻奈美さん直伝「3つの掟」を今すぐチェック!今日からのスキンケアに取り入れて、毛穴の存在を感じさせない美肌を目指しましょう。

recommend point

oikawa
  • 美容のプロ高村さんが教える正しい毛穴ケア「3つの掟」で、毛穴の目立たないうるおい美肌に!
  • 自分の毛穴タイプを知ることが、毛穴レス美肌へのファーストステップ。
  • セルフケアに限界を感じたら、早めにプロの施術を受けるべし!

skincare

まだ間に合う毛穴、手遅れの毛穴

「最近の化粧品はとても進化しているので、色々と試してみて改善が見られない時は、エステなどでプロの手を借りてリセットするのがおススメです」と、高村さん。例えば、換気扇のお掃除をプロに任せてみると、ビックリするくらいキレイになって動きもよくなり、その後のお掃除が楽になりますよね。それと考え方は似ていて、セルフケアで限界を感じたら、まずプロにケアしてもらったうえで地道にセルフケアをするというのも賢い選択かもしれません。まずは自分の毛穴タイプと正しいスキンケア方法を知り、コツコツと毎日継続的にケアをしましょう。肌はきっと応えてくれるはずです。

あなたの毛穴はどのタイプ?

まずはじっくり自分の毛穴を観察してみましょう。自分の毛穴タイプを知り、正しいスキンケアをすることが美肌につながります。

1.詰まり毛穴

20~30代に多い毛穴タイプ。小鼻やその周りに白い角栓や黒いポツポツがあり、洗顔をしてもザラつきが残るのは、詰まり毛穴。セルフケアで改善しやすい毛穴です。

2.黒ずみ(メラニン)毛穴

20~30代に多い毛穴タイプ。毛穴に汚れが詰まっている感じはないのに、「なんか黒い」「毛穴にそってくすんでいる」という、色素沈着が原因の黒ずみ毛穴です。こちらのタイプはセルフケアで改善しにくい毛穴です。

3.たるみ毛穴

アラフォー以上に多い毛穴タイプ。頬を指で押し上げた時に、毛穴が消えたりサイズが小さくなるのであれば、たるみ毛穴です。こちらのタイプも、セルフケアで改善しにくい毛穴です。

Point!

  • 写真のように、頬を指で押し上げてみて。
    毛穴が目立たなくなるようなら、「たるみ毛穴」確定です。

監修・高村麻奈美さん

たかむらまなみ / シーズ・ラボ恵比寿本店セラピスト。お客様に寄り添ったアドバイスと卓越した技術で、笑顔を届けるスペシャリスト。自らも毛穴の存在を感じさせない白く美しい肌の持ち主。

撮影/オノデラカズオ ヘアメイク/沼田真実(ilumini) モデル/伊藤沙織