気づいた人からきれいになれる。

NEW2020.5.29

今こそ、おうち時間で“きれい”をつくる!

美習慣をアップデートするための
NGスキンケア見直しカルタ

美容家の岡本静香さんに教えていただいた意外と知らない“NG美習慣”をカルタ風にご紹介!
以前よりも家で過ごす時間が増えた今こそ、スキンケアを見直すチャンス。
この機会を生かし、自分の肌とじっくり向き合ってみましょう。

recommend point

tokizawa
  • 正しいスキンケアを「見直しカルタ」で楽しくLESSON♪
  • クレンジングが美肌の鍵を握っている!
  • 化粧水の正しい付け方をレクチャー!

skincare

SKINCARE(スキンケア編)1

1日の終わりは、メイク落としから!

「クレンジングを面倒と感じるかもしれませんが、始めてしまえば保湿ケアまで自然と手が動くもの。メイクを肌にのせ続けていると皮脂の酸化や汚れで肌トラブルを加速させてしまいます。メイクをしたまま寝る日をゼロにすることを目標にして(岡本さん)」

水分と油分のバランスを意識しましょう

「お肌にとって大切なのは、水分と油分のバランス。化粧水はそこそこに、クリームやオイルを大量に塗ってケアを終える方がいますが、それでは水分不足です。化粧水で水分をたっぷり与えて整えたら、オイルやクリームはその日の肌に合わせて量を調整して」

“洗顔料は何を選んでも同じ”という考えは間違い!

「化粧水やクリームは厳選したアイテムを使っているのに、クレンジングや洗顔料だけはなぜか適当に選ぶ人が多いです。洗顔料もこだわって選べば、化粧水の浸透が良くなり肌の透明感もアップします。洗顔もスキンケアの一環として、しっかり吟味してくださいね」

化粧水の重みで肌がたるむことはありません!

「スキンケアアドバイスをしていると、少量の化粧水を無理やり全顔に使おうとする人が。“化粧水を使いすぎると肌が重くなりたるむような気がする”らしいのですが、しっかり浸透しているサインなので心配しなくて大丈夫です。たっぷり保湿して、肌の潤いをキープしましょう」

監修・岡本静香さん

化粧品会社のビューティーコンサルティング、美容講師の経験を経て、現在美容家として活躍中。心と美容を繋げ希望をもたらす発信が多くの女性の共感を呼んでいる。

イラスト/菅幸子